事業報告

事業報告について

 平成28年度は、従前から行っている活動として「音を楽しもう」など学校が核となる活動や、町会・自治会や商店街のお祭りへの支援等を行いました。
 また、「ぐるぐる読書会」や「赤塚福祉園夏祭り」、「認知症サポーター養成講座」などの新たな取組にも着手しました。その結果、四葉お年寄りセンター(保健・福祉)、赤塚図書館(社会教育)といった、新たな分野の行政機関とのつながりをつくることができました。

実施日時 事業内容 実施場所
H28.7.9、
16~18
地域のお祭り支援
(篠ヶ谷戸町会)
赤塚篠塚稲荷神社
H28.8.23 地域のお祭り支援
(ゆりの木北自治会)
ゆりの木団地広場
H28.8.28 商店街のお祭り支援
(赤塚銀座会)
赤塚銀座街商店街
H28.9.18 お神輿支援
(篠ヶ谷戸町会)
篠ヶ谷戸町会内
H28.11.13 女神輿支援事業
(篠ヶ谷戸町会)
板橋区農業祭パレード会場
H28.6.26 「音を楽しもう2016」への支援 下赤塚小学校(体育館)
H28.10.21 「ジモパカフェ」
(赤塚の歴史を知る~その1)
下赤塚駅前集会所第1洋室
H29.1.22、
2.11
魔法のぐるぐる読書会の開催 下赤塚駅前集会所第1洋室・赤塚図書館
H28.7.16 「赤塚福祉園まつり」への支援 赤塚福祉園
H28.5.14、
7.23
「認知症サポーター養成講座」開催支援 寺子屋どろんこ・下赤塚駅前集会所
H28.7.16 「認知症徘徊模擬訓練」実施支援 赤塚銀座会商店街
H28.5~H29.2
(全6回)
寺子屋「冒険教室」の運営 下赤塚小学校
H28.12.18 「いまむかしあそび」への参加 北町小学校体育館(練馬区)、
下赤塚小学校体育館

平成28年度活動方針の評価と今後の課題

 平成28年度は、次の5点を活動方針に掲げ、実行してきました。
 その結果、「①お手伝いの先を見据えた活動」や、「⑤他地域への波及支援」においてはA評価となっていますが、「②地域的な広がり」や「③赤塚衆」、これは、平成28年度の活動として、自らの活動の質を高める努力はがんばってきましたが、地域的な広がりや赤塚衆といった外に広がる活動が不十分であったことを示しています。
 その背景として、これまで、チーム赤塚は組織としての基盤づくりを進めながら、地域における認知度を高めることを主眼に置いてきたことがあげられます。
 今後は、第2ステージを迎えるにふさわしい、機能的な組織体制を作っていく必要があります。
 また、長期的展望を明らかにした上で、将来的な目的に達するための手段としての②、③、⑤についての位置づけを明確にし、活動を強化していくことが求められます。